職員室の声

2学期終業式(校長代理 竪山)

2013-12-24

 お早うございます。永い2学期が本日で終了しました。

 

 国内外では嬉しいこと・悲しいこと色々と起こっていますが、本校においてはお蔭様で大きな事故もなく、行事も皆さんの協力の下で、滞りなく立派に執り行うことができたことを嬉しく思います

 

 皆さん個人にとっては如何でしたか。満足のいく二学期だったでしょうか。

 

 来年の干支は午です。干支の午に因んで“午”うまくいくように、この冬休みを計画的にまた継続的に目標に向かって頑張って欲しいです。

 

 特に高校3年生は明けたらすぐにセンター試験です。そして私立大学国公立大学の本番の入試が控えています。健康面に気を付け、風邪など引かぬよう、万全を期して取り組んで下さい。

 

 

 一つだけ皆さんに理解と協力をお願いします。それは体育祭の合同実施についてです。

 

 本校は文化祭・体育祭を中高別々に実施してきました。それぞれに感動があり、立派な体育大会・体育祭でありました。

 

 しかし、合同実施することにより次のような利点が生じます。

 

 1)本校は小規模校ですので中高まとまりますと応援者が多数となり、

  競技する者もやりがいがあり、

  感動的なシーンを中高生や保護者と一緒に共有できます。

 

 2)中・高に兄弟姉妹は多いので同時開催を保護者も希望しています。

 

 3)学校周辺の住民への騒音が短縮できます。

 

 4)中高の両方に関わる担当教科の授業の自習時間を

  少なくすることができます。

 

 5)本校は一貫校です。中・高は一緒にできる活動は可能な限り

  一緒にすべきであります。

  (無意識に中高の生徒や職員に一体感・連帯感が生まれます。)

 

以上の理由により合同で実施することに決心しました。

 

 

 運営が難しいかもしれませんが、皆さんに出来ないことはない。他校も実際に実施していることです。今までの体育大会・体育祭の中高の良さを残しながら、知恵を出し合い、工夫することによって、また違った立派な感度的な体育祭を作り上げることができると思います。中高の生徒会を中心に取り組んで下さい。職員も成功のための最善のサポートをしていくことを約束します。

 

 

 最後に今回は終業式の後、吹奏楽部にお願いして二学期を締めくくることにしました。

 

 新年度元気な皆さんとお会いすることを祈念しまして終業式の挨拶とします。

 

 

 良いお年を迎えてください。

 

 

 

(校長代理 竪山 巖)